Archive  RSS  Login

のんびり歩き。

ゲームは1日2時間まで


 
Category: スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category: 誅仙小説  

誅仙の小説について

もともと自分用にかつて公式で掲載されていた誅仙小説の日本語訳をブログに載せたら
以後かなり検索で来る方が増えたのでその辺りの経緯を書いておきます。

誅仙は中国で大ヒットしたネット小説で、中国語表記は「诛仙」
それを原作としたオンラインゲーム「LEGEND of CHUSEN -誅仙-」をシーアンドシーメディアが運営することになった際、
当初はoβに合わせて小説の日本語訳を講談社文庫から発刊するつもりだったようです。
(一瞬だけ刊行予定にも載りました)
それが第9話まで公式に載せた時点で中止となったらしく、以後何のアナウンスも無いまま今に至っております。


まだあった^^;
当時の公式小説掲載ページ⇒http://lc.mk-style.com/novel/list.php


原作は無料で閲覧できるので、中国語わかる人は読めると思います。
ただ教養というか、日本語でいうなら〝五行〟〝陰陽道〟みたいな前知識が
無いと訳せても意味がわからない(泣)


o0800057110372359210.jpg



この記事は役に立ちましたか?
↓いいね!とおもったら拍手おねがいします1028421.gif


Comments

誅仙は何章まであるんでしょうね。
中国語の原作サイトの場所がわからないのでわからないですが。。

誅仙の作者である蕭鼎さんは、
現在は誅仙を書いた5年後に誅仙二として続きを書き始め、
現在も連載中です。(第五十七章)
Re: タイトルなし
>>匿さん

誅仙1はこちらで読めますよ!
http://www.tianyabook.com/zhuxian/index.htm

今も連載中なんですね。誅仙2読んでみたい//

Leave a Comment

カレンダー
プロフィール

ぼたん

Author:ぼたん
AION <Yustiel>
ボウウイング:

❀当ブログでのお約束❀

Farbtastic: jQuery     color picker
Hex Color Code
favorite♪
検索フォーム
Comments...A
<>+-
copyright
(c) 北京完美時空網絡技術有限公司 ALL RIGHTS RESERVED. Copyright (c) 2006-2007 C&C Media Co.,Ltd. All Rights Reserved. The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
geotargeting

ジオターゲティング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。